葬儀司会、アシスタント派遣、事前相談のプランニングマスターpipiのホームページにようこそ

低価格の、費用を抑えた、値段の安い、経済的な葬儀の事前相談をお受けしています

ピピの日記

近親者のみで行う家族葬の事前相談ならプランニングマスターpipi(ピピ)へ

家族葬・自由葬・無宗教葬・音楽葬・社葬・ホテル葬・お別れの会・偲ぶ会の葬儀司会とアシスタント派遣、ご葬儀の事前相談 プランニングマスターpipi(ピピ)の代表が毎日更新する日記(ブログ)

ピピの日記

「心のおもてなし」を目指していつも全力疾走。
そんな“ひよこ”のほっと一息ブレークタイム♪


道行く側らに シオンの花が風に揺れ
ひっそりと咲いておりました
もう花も終わりですね ・・・
十月 最後の日となりましたが
本当に月日の経つのは早いものです
さて
街のあちこちでハロウィンの飾りが
ハロウィンはキリスト教の聖人の祝日
「万聖節」の前夜祭の事です

元々は 2000年以上前から行われている 古代ヨーロッパの原住民ケルト族の
宗教的行事で 秋の収穫を祝い亡くなった人たちをしのぶ収穫感謝祭が
キリスト教に取り入れられ 現在のハロウィンになったと言われています
ケルト族の1年の終わりは 12月31日ではなく10月31日で
この1年最後の夜は
死者の霊が家族を訪ねたり 精霊や魔女が出て来ると信じられていました
そしてこれらから身を守る為に 魔除けのたき火をしたり、自分たちが生身の
人間である事がばれない様にと お化けや動物の仮面をかぶるようになり
ここから ハロウィンの夜にはお化けの仮装をする様になったと言われています
ハロウィンと言えば『カボチャお化け』と『トリック・オア・トリート』が有名

カボチャお化け
ハロウィンの夜は 窓辺や玄関などにカボチャお化 (Jack-o'-Lantern)と
呼ばれるカボチャを お化けの顔にくり抜いてつくったちょうちんを飾ります。
これは天国と地獄を行き来する「うそつきジャック」が持っている
カブちょうちんが由来となっているようです

トリック・オア・トリート
ハロウィンの夜 子どもたちはお化けの仮装をして近所の家の玄関を叩いては
「トリック・オア・トリート(Trick or Treat)」と言いその家の人は
「ハッピー・ハロウィン(Happy Halloween)」と言って 用意していたお菓子を
子どもたちにあげます
トリック・オア・トリートとは 日本語的に言えば 「何かくれ でなきゃ
イタズラをするぞ」 と言う意味のようです
核家族化や 他人に食べ物をもらう事の抵抗感から 
日本では ほとんど普及していませんが アメリカなどでは日本の節分の様に
とても 一般的な行事ということです

ハロウィンについて ちょっと雑学でした ♪
それでは 今日も良い一日をお過ごし下さいね (^^)/

2010年1月までの日記はこちら↓からご覧ください。
▲ 下が隠れている場合はスクロールしてください。

ページ移動