葬儀司会、アシスタント派遣、事前相談のプランニングマスターpipiのホームページにようこそ

低価格の、費用を抑えた、値段の安い、経済的な葬儀の事前相談をお受けしています

ピピの日記

近親者のみで行う家族葬の事前相談ならプランニングマスターpipi(ピピ)へ

家族葬・自由葬・無宗教葬・音楽葬・社葬・ホテル葬・お別れの会・偲ぶ会の葬儀司会とアシスタント派遣、ご葬儀の事前相談 プランニングマスターpipi(ピピ)の代表が毎日更新する日記(ブログ)

ピピの日記

「心のおもてなし」を目指していつも全力疾走。
そんな“ひよこ”のほっと一息ブレークタイム♪


「この世のすべてのことには 決してひとつの意味だけが
 存在しているわけじゃない 悲しみもあれば 喜びもある 
 つらくても最後まで乗り越えれば 悲しみもいつかは美しい歌になるんだよ」

子供が思い悩み父の胸に顔をうずめて泣く度に こう言っていた父の心には
もっと たくさんの涙が溢れていた
 
ある日 家族でドライブに出掛けた帰り道 大事故に遭い
子供も父親も2本の歩行器がなければ 一歩も歩けなくなってしまった
思春期の子供は 死にたいほどの劣等感に悩んでいた 

机に突っ伏して泣いている時 慰めてくれるのは父親だけだった
母親も励ましてくれたが 健常者の母がかけてくれる慰めの言葉は
受け入れられない事が多かった
 
「お父さん 私は皆に気の毒そうな目で見られるのが とっても嫌」

「お父さんの話をよく聞くんだよ もしかしたらお父さん達は他の人達より
 不幸かもしれない でも私達のこんな姿を見て他の人が勇気付けられるかも
 しれないじゃないか だとしたら私達こそ他の人を慰めていることになるんだ
 もう少しの辛抱だ お父さんが傍にいるよ」

その後も 父の存在は子供の心の奥のほうで守ってくれた
そうして 子供は思春期を乗り越え 大学に入学する事になった
入学式を終え会場を出てきた時 目の前で大変な事が起った
車が通っている道路に 小さな子供が駆け込んできたのである
前を歩いていた父が その子に向かって全速力で駆け寄った
その光景は 信じられないものだった
父は歩行補助器もなく 子供に向かって走っていたのだ
私は自分の目を疑い 父が子供を抱いて歩道に上がる姿を見守った

「お母さん お母さんも見たでしょ? お父さんが歩くのを・・・」

「驚かないでお母さんの話をよく聞いてね お父さんは本当は補助器がいらない
 健常者なの 事故に遭った時お父さんが怪我をしたのは腕だけだった 
 でも4年間 補助器を付けて歩いたのよ あなたひとりを苦しませては
 いけないって ・・・ 元気な体では苦しんでいる あなたを慰められないって
 泣かないで そうでもしなければ お父さんは耐えられなかったはずよ
 あえて不自由な体で生活してきたけど あなたを慰められる自分の姿を
 どれほど誇りに思っていたことか ・・・ でも 今日は あの小さな子が
 交通事故で あなたのようになるかと思ってつい ・・・ 」

遠くに見える父は いつものように補助器に頼りながら 足早で歩いていた
父を見つめる子供のパーカーの上に 涙がぽたぽたとこぼれ落ちた

2010年1月までの日記はこちら↓からご覧ください。
▲ 下が隠れている場合はスクロールしてください。

ページ移動